おやじたちのPTA参加術

先生だって不倫もする!?

人にものを教えるという仕事には、一種の清廉さが求められます。法律を守りコンプライアンス意識が高く、社会規範や倫理に厳しいものだと。そういう「固い」人が多いのは事実でしょうけれど、頭が固い人はペニスも固いと言われる通り、セックスに自信を持つ人も多いようです。例えEDになったとしてもバイアグラの力でしっかり立たせて、きちんとベッドでの仕事でも成果をあげます。

公の場で固い人が、プライベートでは真逆となることもよくあるようです。学校ではカチカチの教師なのに、ひとたび校門を出て街に繰り出せば、意外と遊び人だったり、教室の中では倫理に厳しい人が外に出れば下半身の倫理など関係ない人だったり、ということもあります。教師の不倫は、意外とよくあることなのです。

狭い社会の中では不倫も当たり前!?

わが国の古典を読めば、不倫やいわゆる「親子どんぶり」が当たり前のことのように行われていたことが分かります。結婚という概念が今ほど確実で強固なものではなかったこともあるのでしょうけれど、人口の少ない閉鎖的な社会では、「誰とでも交わる」ことが起こりやすいと言えます。簡単に言えば、女性が少ない状況下では、男はそこにいる女性なら誰でも挿入したくなるし、女性も「固いものなら、何でもいいから入れて」という気持ちになりやすいのでしょう。

古来、人類は血縁のある者同士が交わりあって人口を増やしてきたわけですので、血のつながりのない相手であれば、既婚だろうが恋人がいようが見境なく交わってきたのです。学校という、塀で囲まれた閉鎖的な環境下に置かれた男女が不倫をしてしまうことなど、必然とすら言えるのではないでしょうか。教師たちは、不倫をしやすい環境にいることは間違いありません。独身の男性と熟女教師、老獪なテクニックを持ったベテラン男性教師と若手女子教員、といったカップルは、意外なほどにたくさん生まれています。試験の前後に、夜遅くまで二人っきりで残ってしまい、つい、職員室の陰でイケない関係を結んでしまうこともあるでしょう。 男と女はそういうものです。

色んな不倫がある!?

学校における不倫は一般的なケースと比べて、ややバリエーションが豊富です。既婚男性教師と未婚の女性教師が密通するというのが基本型ではありますが、その逆もあれば、既婚同士というケースもあります。教師の場合の特殊なのは、生徒の親との不倫があることです。PTAという活動のため、先生たちは熟れた人妻である「母親」と触れあうことになります。教室の中だけの付き合いだけでなく、最近は、飲食店での交流も盛んになってきました。

飲んだ勢いでそのままホテルに入ってしまうということはよくあることです。経験豊富な「母親」が独身教師をベッドの中で「教えてあげる」ということになるでしょう。PTAオヤジが、独身の、あるいは既婚の女教師と「いい関係」を築くことも時にはあります。ごくまれには、生徒と、ということもあるようですが、これは教師の「聖域」を踏み外した行いでしょう。

先生たちだって、裸になればただの男と女です。実は、一般のビジネスパーソン以上に、不倫をしてしまうケースは多いのです。 先生も危ないことが大好きなのでしょう。