シングルマザーの恋愛事情とは!?

学校に関わる保護者は、すべてが既婚者であるとは限りません。離婚率の高まりにより「片親」家庭も増えており、PTAには独身の男女も数多く参加するようになってきています。シングルマザーやシングルファーザーたちの中には、再婚願望を持つ婚カツ中の人もいますし、結婚はともかく性的関係を持てる相手を探しているという人もいます。「シングル」の割合は学校によって異なるでしょうけれど、多い場合には1割位を占めることもあるかも知れません。

「シングル」のすべてがセックスパートナーを探しているわけではありませんが、保護者の集団の中には「フリー」の男女がかなり多く含まれていることは確かでしょう。独身だからといって独身だけを相手に選ぶわけではありません。既婚者とでも構わないという考えの人もいますので、すべての人がターゲットです。離婚などによって独身となった男性の場合、同時に複数の女性と付き合うということは昔からありましたが、女性の場合にはそれは「ない」というのが一昔前までの常識です。しかし、現代のシングルマザーたちの中には、二股、三股をかける人が少なからずいます。PTA組織の中で、何人かの「父親」と同時に付き合う人もいますので、複雑な相姦関係ができてしまうケースもあります。

シングルマザーの恋愛は難しい!?

子持ちの独身女性たちにとって、結婚を前提としたパートナーを見つけるのは、それほど簡単なことではありません。「シングルマザーが好み」という男性は、決して多くはないからです。普通は単身の女性が好まれるはずですので、「シングルマザー好き」という男性に出会ったときに、女性は「子供がいるから私が好きなのか?」と疑問を抱くことになります。「子供が手に入るから」という事情で恋愛をする男性など、信用できるはずがありません。「子持ち」が恋愛にとって有利になることはないわけです。

運よく好みの独身男性と付き合うことができても、「俺、子供好きだから」などと囁かれてげんなりすることになります。子育てを経験したことのない人の「子供好き」など信用できるはずがありません。そのため、自分と同じよう子供を育てた経験のある男性に安心感を覚えます。同じ目線で子供のことを話し合えるからです。PTAで出会う男性たちは、まさにそういう男性ばかり。シングルにとっては、恋愛の花園に見えるのです。

もてないからこそ恋がしたい!?

シングルファーザーは、その気になれば相手を見つけることは難しくありません。性欲を発散したいだけなら風俗店に通えばすむことですし、努力すれば、手軽な独身女性を見つけることもできるでしょう。一方のシングルマザーたちは、相手探しが難しいため、気持ちが焦ります。焦っているときに、同年代の父親たちが大勢いるPTAに参加すれば、気持ちが高ぶるのは当然でしょう。

右を見ても左を見ても「ターゲット」。保護者同士の飲み会などがきっかけとなり、親しく話をしたりメール交換したりするようになれば、体の関係までは時間はかかりません。ただ、餓えているときに「ご馳走」に出会えば目移りすることもあります。ひとりだけでは満足できず、二人、三人と関係を広げてしまうこともあります。誰にもバレなければ問題にはなりませんが、不倫をしている父親たちに知られることになると男同士の戦いが始まってしまうのです。

シングルマザーたちは、必ずしも恋愛に恵まれていません。そのため、保護者の集まりで「恋」に目覚めてしまうことがよくあります。複数の男性と関係してしまうこともあります。

イクメン時代!
オヤジは学校に行くのが当たり前

こんなオヤジに気をつけよう!

Copyright© 学校へ行こう!おやじたちのPTA参加術 All Rights Reserved.