先生だって、ただの男と女!?

学校教師といえば「聖人」と思っている人は少なくなったでしょうけれど、未だに「教師の恋愛」を不純だと考える保護者は少なくありません。子供の担任の男性が渋谷のセンター街を女性と手をつないで歩いているのを見つけて、「不埒だ」と烙印を押す人もいるでしょう。まして、独身の女性教師がラブホテル街を男性の腕にぶら下がりながらラブラブで歩いているのを発見すれば、校長に「教師失格だ」と通報する人もいるでしょう。

実際、教師は恋愛をしないものだと決めつけている保護者は少なくありません。性欲などこれっぽっちも持ち合わせず、教師同士が恋愛したりセックスしたりすることなど、「あり得ない」と。しかし、考えるまでもなく、それは間違っています。男性教師は常にムラムラしていて、女性のパンチラを見れば勃起しますし、女教師が水泳指導をしていれば、なめ回すように見つめたり、股間から陰毛がはみ出したりしてはいないかとこっそり目をやったりするものです。教師だって恋愛もセックスもします。 女教師がフェラチを好きだったり、大人のおもちゃのマニアであったりしても不思議なことではありません。

どこで愛が芽生えるのか?

恋愛にしろ不倫にしろ、職場から生まれることが多いものですが、教師の恋愛も学校の中で生まれることが少なくありません。男性教師と女性教師が毎日顔を付き合わせていれば気心も知れますし、時には「飲み会」もあるはずです。帰る方向が同じで、電車の中で互いについて語り合う、などということもあるでしょう。

同じ教科を担当しているとか、同じ学年の担任であるとか、男と女が共通のテーマで接する機会が、教師には山ほどあります。悩みを打ち明けあい相談しあううちに、親密になってしまうこともあるものです。飲んだ勢いで、ついついラブホテルの入り口をまたいでしまうこともあるでしょう。ストレスのたまりやすい仕事がゆえに、「イケナイ!」というブレーキも、「たまにはハメを外したい」という欲求に負けてしまいます。普段は表に出さない性欲が爆発して、一晩中セックスしてしまい、体の相性のよさに気づくということもあるかもしれません。普通の男と女と同じように、先生もセックスに飢えているのです。

職場での恋愛がバレたらどうなる?

保護者からの通報で恋愛がバレてしまえば、学校は何らかの対応をせざるを得なくなります。もちろん、「恋愛の自由」は誰にでもあるので、教師がセックス三昧してもかまわないのですが、学校という場所は「清廉」でなければなりません。女教師が男教師にバックから挿入されている姿や、男性教師が勃起したモノを女教師になめさせている姿を想像すると、保護者たちは「そんな先生にはうちの子を任せられない!」と怒るのです。

そのため、職場恋愛は慎重に行われるのですが、バレてしまえば、穏やかな処罰がなされます。中高一貫校であれば、一方は中学、もう一方は高校といった形に異動させられます。公立校であれば、他校へ異動というのが普通です。職場でセックスを妄想させないように対応するのです。

先生たちもタダの男と女ですので、当然恋愛もするしセックスもしますが、学校では、許されない行為なのです。

イクメン時代!
オヤジは学校に行くのが当たり前

Copyright© 学校へ行こう!おやじたちのPTA参加術 All Rights Reserved.