オヤジが変われば子供が変わる

インターネットのおかげで社会の環境も変わり、便利になる反面、危険なものも増えています。子供たちをめぐる環境はどんどん変化します。その中で、学校だけは取り残されたように変化のスピードが遅いままです。しかし、ひとつ変わったことがあります。一昔前までは、中学生、高校生の親が学校に行くことはほとんどありませんでしたが、この10年位の間に、母親が学校に顔を出すことはごく普通のことになりました。そして最近は男親もPTAなどを通じて学校教育に関与するようになってきています。

父親が学校を理解して関わることで、子供たちの環境をより良いよいものにできるはず。オヤジが変われば学校が変わります。学校が変われば、子供が変わります。

仕事ばかりの人生にサヨナラしましょう

40代、50代の父親は、仕事の上でも会社を支える重要な世代。関心の中心がビジネスになることは仕方のないことです。でも、仕事のことばかり考えて生きていては、面白くないかも知れません。家族をめぐる環境に関与するのも父親の大きな役目のはずです。自らの本来の責任を果たすためにも、子どもの学校に関わりましょう。

仕事とは全く別の人間関係や組織がそこにはあります。ビジネスの世界では考えられないようなムダや、くだらないコミュニケーションがあるかも知れません。くだらないからと関わらないのもひとつの選択肢ではありますけれど、自分の子供に関する問題です。できれば、親として学校をより良くするのに一役買っても良いのではありませんか?

学校ではあなたの力が役に立ちます。ビジネスで培ったノウハウや知識やスキルが活かせます。広い視野が組織のコミュニケーションを変える可能性もあります。その中で、あなた自身が自分の新たな一面を発見することもあります。仕事一筋に生きてきたあなたも、自分の別の面を引き出して活躍する面白味を感じてみませんか。

一皮むけた自分を作ろう

そんな精神的、体力的な余裕は無い?そんな声が聞こえてきそうですが、まだまだ現役。むしろ積極的に色々な活動をすることで気力・体力も充実するものではないでしょうか。PTAで家庭外でもアクティブに活動し、家庭内では夫婦生活を充実させる。それにより気分に張りが出て生活習慣を変え、健康的になる。こうした好循環が生まれれば最高です。

とはいえ、加齢により衰える部分があるのは避けられないこと。トレーニングでなんとかできるものはジムにでも通えばすみますが、鍛えようがない夜の男性機能はED治療薬の助けを借りましょう。専門医にバイアグラなどを処方してもらって、妻に対する威厳を維持するのも大事です。夫婦生活でのパワーを回復することが、学校でのパワーにもつながります。自信を持った父親の姿は子供にも力を与えます。あなたのエネルギーが家庭をリフレッシュさせる源です。

人生の後半戦に向けて、生き方の方向を変えるチャンスです。これまでの自分とは一味違った人間に変身してみませんか?

オヤジが変われば子供が変わります。家族の絆が深まり、あなたの人生が変わります。

イクメン時代!
オヤジは学校に行くのが当たり前

こんなオヤジに気をつけよう!

Copyright© 学校へ行こう!おやじたちのPTA参加術 All Rights Reserved.