おやじが変われば学校が変わる

オヤジ仲間が徐々に増えてきたら、クラスの委員になるオヤジを増やしていきましょう。オヤジ仲間が増えれば、PTAも変わり学校も変わります。

最初は、クラスPTA委員は学校内であなた一人かもしれません。翌年は、オヤジ仲間を誘って複数の男性をPTAに参加させてください。3人、4人と男性が増えてくると、周りの見方が変わってきます。だんだん男性に慣れてきます。「男性は怖い」と考えていた学校も、「意外と役に立つ」と考えるようになります。

男性の存在意義を行動で示そう

「PTAにはオヤジが必要だ!」といくら声高に叫んでも、誰にも聞く耳を持たれません。男性がPTAに参加する良さや効果は、実際にそれを経験しないと伝わりません。よその学校のオヤジの集まりが新聞などで紹介されても、「うちの学校とは関係ない、無縁だ」と学校も、PTA幹部も考えます。

残念ながら「百聞は一見に如かず」です。あなたが組織を作って、周囲に見せることで初めて気が付かれるものです。しかも徐々にしか伝わりません。まともな男性を集めて、組織の役に立つ活動を地道に続けてください。クラス委員になる男性を徐々に増やして仲間の結束力を高めましょう。

焦らずじっくりと基礎を固める

組織を作り上げるのには時間がかかります。あなたの小さな声が浸透するにはとても長い時間が必要です。そこで焦ってはいけません。おやじが学校に集まるようになると、学校が変わると信じてください。女性ばかりの組織は強くなりません。男性が加わることで、組織はうまれかわります。そう信じて続けてください。

ある程度形ができるのに3年くらいはかかると考えましょう。その間に何度もオヤジ同士で飲みます。いつも数名しか集まらないかもしれませんが、数名集まっただけで良いではありませんか。それまでなかったことです。その数名が気心でつながっていれば、いずれは100名単位の組織になるはずです。

PTAの幹部になりましょう

勝手な組織として「オヤジの会」を続けているだけでは、なかなか認知されません。あなたがPTAの幹部役員となり学校内での力をつけてください。幹部としてPTAを楽しくすることにあなたが貢献すれば、影響力は高まります。その影響力を徐々に発揮して、オヤジの会を広げていきます。

時間をかけて慎重に進めれば、いずれ「オヤジの会」は学校に公式に認められます。慌てて大きくしようとすれば比較的簡単につぶされてしまいます。あなたの目的は、オヤジの会を大きくすることではありません。おやじが大勢学校に参加するようにすることです。それを忘れずに、大事に組織を育てましょう。

学校行事やPTA活動でオヤジの姿が目立つと、学校の雰囲気が変わります。子どもたちにも良い影響をあたえるようになります。PTA活動を明るく楽しいものに変革して、学校を育てましょう。それによって、あなた自身が大きなものを手に入れるはずです。あなたがやろうとしていることの本質は、PTAにかかわったすべての人の人生を変えることです。

イクメン時代!
オヤジは学校に行くのが当たり前

こんなオヤジに気をつけよう!

Copyright© 学校へ行こう!おやじたちのPTA参加術 All Rights Reserved.