妻たちはセックスの良さを分かり始めるお年頃

実は多くの妻たちが、「イッタふり」を経験しています。そう聞くと多くの男性は「うちのかみさんに限って」と思うのですが、ある調査によれば半数以上の妻がしているそうですので、男性諸氏は自分の配偶者についても疑うべきでしょう。20代、30代の女性たちの多くは「オーガズムを知らない」とも言われます。また、「クリトリスではいけるのに、ヴァギナではいくことができない」という人も少なくありません。そして、多くの女性たちが40代以降になって初めて女性としての真の悦びに気がつく、とも言われています。

一方で、40代といえば多くの男性が「下半身の力不足」を感じ始める年代です。夫がEDに悩み始めるころに、妻の方は性生活に悦びを見出し始めるというミスマッチが生じます。PTAで活躍する年代においては、夫はセックスに自信を失い、妻はこれからは楽しみたいと感じているカップルが多いのです。男性はこの点に気をつけなければなりません。

性生活に「女としての悦び」を求め始める妻たち

40才前後になると、多くの女性たちがセックスでオーガズムを知り始めます。もちろん、20代から知っている人も少なくありませんが、40代になってようやく知ったという人も多いのです。遅まきながら性の楽しみを知った妻たちは、「今までのセックスは何だったのか」と感じ、「これからはもっと楽しもう」と思います。ただ、そうした時期に夫の方は下半身に不安を抱え始めます。ED(勃起不全)は多くの男性に訪れる運命のようなものです。

性生活にやる気満々の妻と自信をなくした夫が一つのベッドに入れば、問題が生じるのは当然のことです。性の不一致は夫婦関係を破壊する一因となり得ます。個人差はありますが、それが原因で離婚という結末を迎えるカップルもいるのが現実。解決策を考える必要があるでしょう。

夫婦生活の改善にはバイアグラが特効薬

EDに悩む男性は少なくありませんが、それとほぼ同じ数の妻も悩んでいます。かつてはこの問題を解決する有効な手段はありませんでしたが、現代ではバイアグラなどのED薬が天の恵みとなっています。たった一粒の錠剤が、重大な問題を解決してくれるのです。「クリニックを受診するのは恥ずかしい」と二の足を踏む男性も少なくありませんが、セックスは夫婦にとってとても重要で大切なもののはず。性生活を軽く考えることの方がずっと恥ずかしいことです。

専門クリニックはとても受診しやすいシステムをとっています。性器を露出させなければならないような診察はありません。簡単な問診だけで処方してもらえますので、カゼ薬をもらうより簡単です。「案ずるより生むはやすし」の言葉通り、迷うくらいならクリニックの門をたたきましょう。

PTA世代の男性にとってEDは大きな問題です。しかし、クリニックに行けば簡単に解決できます。恥ずかしがることなく、受診しましょう。

イクメン時代!
オヤジは学校に行くのが当たり前

Copyright© 学校へ行こう!おやじたちのPTA参加術 All Rights Reserved.